トップ > 学校連携

学校連携
各施設では小・中・高を対象とした学校向け事業を行っています

教員のための博物館の日2017

 公益財団法人大阪市博物館協会は、8月2日(水)・4日(金)・23日(水)に「教員のための博物館の日2017」を開催します。

 「教員のための博物館の日」は、学校の博物館利用を進めるために、まずは教員自らが博物館を楽しみ、学習資源としての博物館を知る1日として、全国で開かれているイベントです。今年度、大阪市では大阪歴史博物館(8月2日)、大阪市立自然史博物館(8月4日)、大阪市立東洋陶磁美術館(8月23日)の3会場で実施します。

 小・中学校の学習指導要領では、博物館等施設との連携や協力と、積極的な活用が明文化されています。しかし、実際には博物館利用の機会はまだまだ少ない状況です。実物資料があり、学芸員という専門家がいる博物館・美術館ならではの個性を生かした活用をしていただけるよう、「教員のための博物館の日」では、体験型プログラムや解説ツアー、ワークショップなど、それぞれ特色ある内容で教員のみなさんをお迎えします。

 ぜひ、この機会に、教員のみなさまにご参加いただき、教育現場における博物館・美術館の利用の幅を広げていただきたいと思います。

■開催概要■

1 名称:教員のための博物館の日2017

2 日程・場所:平成29年8月2日(水)大阪歴史博物館
        平成29年8月4日(金)大阪市立自然史博物館
        平成29年8月23日(水)大阪市立東洋陶磁美術館

3 主催:公益財団法人大阪市博物館協会、開催館

4 共催:大阪市立科学館、国立科学博物館、公益財団法人日本博物館協会(予定)

5 後援:文部科学省(予定)、大阪市教育委員会、大阪府教育委員会、堺市教育委員会

6 内容詳細:日時・場所・参加対象・申込み方法等の詳細は、下記1~3をご覧ください。

1.教員のための博物館の日2017 in 大阪歴史博物館

・日時:平成29年8月2日(水)午後1:00~5:00

・会場:大阪歴史博物館 
〒540-0008 大阪市中央区大手前4-1-32
(最寄駅)地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目」2号・9号出口

・参加対象:小中高等学校の教員、そのほか学校教育関係者

・定員:10名 先着順 ※大阪市教育センター研修受講者50名も一緒に参加します。

・参加費:無料

・申込:7月31日(月)までに、申し込みが必要です。下記の項目を書いてファクス(06-6940-0551)でお申込みください。
  ・教員のための博物館の日(大阪歴史博物館)に参加希望
  ・学校名等所属・名前・連絡先(電話・ファックス番号)
  ・拓本作り・AR難波宮体験のどちらを希望か
  ※参加の可否は、ファックスの返信によりお知らせします。

・申し込み先・問合せ先・取材申し込み先:
公益財団法人大阪市博物館協会 総務部 企画調整課
〒540-0008 大阪市中央区大手前4-1-32 大阪歴史博物館内
電話 06-6940-0569(平日の9:00~17:30)  fax 06-6940-0551

・内容
 ・13:00  栄原永遠男館長講演会「教科書に載っていない難波宮の歴史」
 ・14:20 むかしの瓦の拓本作り、もしくは、AR難波宮体験
  ※AR難波宮:iPadのアプリを利用して、在りし日の難波宮の姿を今ある遺跡の上に重ねて復元して見ます。
  ※申し込み時に「むかしの瓦の拓本作り」「AR難波宮体験」のどちらかを選んで参加いただきます。
 ・15:10 常設展示の解説※10階・9階・7階に分かれて解説します。
 ・16:00 自由見学
 ・16:40 まとめ

2.教員のための博物館の日2017 in 大阪市立自然史博物館

・日時:平成29年8月4日(金)午前10:00~午後5:00 

・会場:大阪市立自然史博物館
〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23
(最寄駅)地下鉄御堂筋線「長居」駅下車3号出口・東へ800m
JR阪和線「長居」駅下車東出口・東へ1000m

・参加対象:中学校教員、教職課程を学ぶ学生、そのほか学校教育関係者

・定員:50名 先着順 ※大阪市教育センター研修受講者60名も一緒に参加します。

・参加費:無料

・申込:8月3日(木)までに、申し込みが必要です。
学校名等所属・名前を書いて電子メール(tm@mus-nh.city.osaka.jp)でお申込みください。
※参加の可否は、メールの返信によりお知らせします。

・申し込み先・問合せ先・取材申し込み先:
大阪市立自然史博物館 学校と博物館連携担当 
電話 06-6697-6221 メール tm@mus-nh.city.osaka.jp

・内容
 ・10:00 開会式・ガイダンスほか
 ・10:45 博物館解説ツアー、体験プログラム等
 ・12:25 昼食休憩、自由見学
 ・14:00 博物館解説ツアー、体験プログラム等
 ・16:00 講演会「小中高の理科の学習内容のつながりと博物館利用」
 ・16:40 閉会式
 ・そのほか、他の博物館施設による特別プログラムや、各博物館等施設による学校向け事業紹介ブース展示・資料配布もあります。
※詳細は、別紙スケジュール(予定)を参照。

※「教員のための博物館の日2017 in 大阪市立自然史博物館」は、平成29年度全国科学博物館活動等助成を受けて実施します。中学校理科の教員の皆さんに「授業をするのが難しい単元」についてアンケート調査し、その結果をプログラム企画に生かしました。

3.教員のための博物館の日2017 in 大阪市立東洋陶磁美術館 

・日時:平成29年8月23日(水)午後1:45~5:00

・会場:大阪市立東洋陶磁美術館 
〒530-0005 大阪市北区中之島1-1-26
(最寄駅)京阪中之島線「なにわ橋」駅1号出口すぐ
地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋」駅 1号出口、地下鉄堺筋線・京阪本線「北浜」駅 26号出口各駅から約400m

・参加対象:中学校、高等学校等の美術担当教員

・定員:5名 先着順 ※大阪市教育センター研修受講者10名も一緒に参加します。

・参加費:無料

・申込:8月21日(月)までに、申し込みが必要です。下記の項目を書いてファクス(06-6940-0551)でお申込みください。
  ・教員のための博物館の日(大阪市立東洋陶磁美術館)に参加希望
  ・学校名等所属・名前・連絡先(電話・ファックス番号)
※参加の可否は、ファックスの返信によりお知らせします。

・申し込み先・問合せ先・取材申し込み先:
公益財団法人大阪市博物館協会 総務部 企画調整課
〒540-0008 大阪市中央区大手前4-1-32 大阪歴史博物館内
電話 06-6940-0569(平日の9:00~17:30)  fax 06-6940-0551

・内容
 ・13:45 館の概要説明
 ・14:05 平常展の解説
 ・15:25 学校による活用事例の紹介
 ・15:45 ワークショップ「東洋陶磁美術館をどう活用しますか?~みんなでいっしょに考えましょう~」
 ・16:45 まとめ

授業に役立つミュージアム活用ガイド

ワークシートを作成しました

中学生以上を対象としたワークシートを作成しました。大阪市立自然史博物館・天王寺動物園・大阪市立科学館を1つのテーマで回るワークシートです。グループ活動等の校外学習に最適です。
※公益財団法人武田科学振興財団の2014年度「中学校理科教育振興奨励」を受けて作成しました。

学校教育との連携 学校向けメニュー

各館の学校向けメニューの一覧です。下記pdfデータから各館にリンクされています。

各館の学校向け事業の紹介・報告

・大阪市立自然史博物館  「ボーリング標本」を使って、授業をしてみませんか? 
(大阪市立自然史博物館のホームページへ)

・大阪市立美術館 鑑賞学習

教員のための博物館の日2014~2016

大阪市博物館協会では、学校の博物館利用を進めるために、まずは教員のみなさんに博物館を楽しみ、利用いただくイベントとして、教員のための博物館の日を開催しております。

201年~2016年度の開催内容については、下記、各年度のプレス発表資料をご覧ください。

※大阪市立自然史博物館では、平成24年から実施しており、過去の実施内容については、大阪市立自然史博物館ホームページ 学校と博物館メニュー【トピックス】からご覧いただけます。


学芸員による特別展ツアー(大阪市立自然史博物館での2013年度実施の様子)

公財)大阪市博物館協会

法人概要

運営情報

教育普及

展覧会情報

各種事業

国際交流

お問い合わせ・アクセス

各博物館基本利用情報

サイトについて

サイトマップ

ページトップ