公財)大阪市博物館協会

法人概要

運営情報

教育普及

展覧会情報

各種事業

国際交流

お問い合わせ・アクセス

各博物館基本利用情報

サイトについて

サイトマップ

トップ > 外部評価 > 平成24年度

平成24年度
大阪市博物館協会外部評価結果

当協会では、事業のいっそうの充実をめざして、「大阪市博物館協会外部評価委員会」を開催し、次の方々に専門的な立場からご検討をいただきました。平成24年度の検討経過および評価結果は次の通りです。

開催要綱

委員会の構成

委員長 杉長敬治(文部科学省生涯学習政策局上席生涯学習官)
委員 梅原 徹(㈱建設環境研究所技師長、兵庫県立大学大学院緑環境景観マネジメント研究科特任教授)
川口幸也(立教大学文学部学校・社会教育講座教授)
中野一輝(アクツナカノ会計グループ代表)
瀧端真理子(追手門学院大学心理学部教授)

検討の経過

第1回 平成24年10月11日(木) 大阪市博物館協会
平成22・23年度指摘事項に対する措置状況および平成24年度の評価対象事項と年間計画策定
第2回 平成25年1月10日(木) 大阪市博物館協会
指定管理期間(平成22~24年度)の総合評価にむけて内部評価シートの作成と検討
第3回 平成25年3月11日(月) 大阪市博物館協会
内部評価シートに対する外部評価委員からの総合的評価

評価の内容

目的 ・当協会の外部評価として、平成22年度は各館の特別展について、平成23年度は各館の常設展を中心とする評価を実施した。
・平成24年度は、平成25年度の指定管理期間最終年度を前にして、「地方独立行政法人化」や「長期の指定管理」の可能性についても受け止めなければならない。展覧会を中心とする指摘事項についての「措置状況」をふまえ、今年度は各館・研究所だけでなく協会事務局も評価対象とする「総合評価」を実施する。
対象 指定管理期間(平成22~24年度)における総合評価
方法 各施設において平成22~24年度の
施設運営全般にかかわる内部(自己)評価シートを作成し委員会に報告。
委員会はそれを受けて外部評価を行う。
結果

平成24年度 委員長総評

自己評価シート1・2 大阪文化財研究所

自己評価シート1・2 大阪歴史博物館

自己評価シート1・2 大阪市立自然史博物館

自己評価シート1・2 大阪市立美術館

自己評価シート1・2 大阪市立東洋陶磁美術館

自己評価シート1・2 大阪城天守閣

自己評価シート1・2 大阪市博物館協会

外部評価シート1・2 大阪文化財研究所

外部評価シート1・2 大阪歴史博物館

外部評価シート1・2 大阪市立自然史博物館

外部評価シート1・2 大阪市立美術館

外部評価シート1・2 大阪市立東洋陶磁美術館

外部評価シート1・2 大阪城天守閣

外部評価シート1・2 大阪市博物館協会

総括シート3 大阪文化財研究所

総括シート3 大阪歴史博物館

総括シート3 大阪市立自然史博物館

総括シート3 大阪市立美術館

総括シート3 大阪市立東洋陶磁美術館

総括シート3 大阪城天守閣

総括シート3 大阪市博物館協会

総括シート3 6施設と協会

ページトップ