トップ > 各種事業 > 平成27年度「海からの贈り物―沈没船とさまざまな交流―」

ミュージアム連続講座
大阪市の博物館・美術館などの学芸員が専門の立場から、テーマに沿った講演会を開催します

平成27年度「海からの贈り物―沈没船とさまざまな交流―」

renzokukoza2015_eventgallery

テ ー マ 海からの贈り物―沈没船とさまざまな交流―
開催期間 平成27年11月10日(火)、11月19日(木)・26日(木) 【全3回】
いずれも午後7時~午後8時30分
会  場 大阪市立総合生涯学習センター 第1研修室
大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5階
最 寄 駅 地下鉄四つ橋線「西梅田」、御堂筋線「梅田」、
谷町線「東梅田」、JR「大阪」、東西線「北新地」、
阪急・阪神「梅田」
概  要 大阪市立東洋陶磁美術館の特別展「新発見の高麗青磁―韓国水中考古学成果展」開催にちなみ、大阪市立東洋陶磁美術館、大阪文化財研究所、大阪市立自然史博物館、大阪歴史博物館、大阪市立美術館に、大阪市立大学が加わり、各分野の専門家が、沈没船と文化財、海をめぐる人やモノなどのさまざまな交流について、多様な視点で紹介します。
各回2人、総勢6名の講師が、独自のテーマでお話します。この機会に是非、ご参加ください。
内  容 <11月10日(火)>第1回「沈没船と海中の文化財」
①「高麗青磁研究と韓国水中考古学」
  大阪市立東洋陶磁美術館 学芸員 鄭銀珍
②「沈没船保存の最前線!―大阪生まれの保存技術が水中文化財を救う―」
  大阪文化財研究所 学芸員 伊藤幸司

<11月19日(木)>第2回「海を渡る使者たち」
③「朝鮮通信使たちの水上パレード―大坂で出迎えた豪華絢爛の川御座船―」
  大阪歴史博物館 学芸員 大澤研一
④「海を渡って旅をする蝶・アサギマダラの移動と生物の交流」
  大阪市立自然史博物館 学芸員 金沢至

<11月26日(木)>第3回「港町と交易品」
⑤「海を渡った日本の蒔絵」
  大阪市立美術館 学芸員 土井久美子
⑥「中世日本海の港町」
  大阪市立大学 教授 仁木宏
主  催 公益財団法人大阪市博物館協会、公立大学法人大阪市立大学、大阪市立総合生涯学習センター ( 指定管理者:大阪市教育振興公社・SPS 共同事業体 )
定  員 各回 先着80名(事前申込要)
※ お申込み方法等は、下記チラシをご参照ください。
受 講 料 各回500円
申込・問合せ先 大阪市立総合生涯学習センター 企画推進課
電話:06-6345-5004/FAX:06-6345-5019
http://www.osakademanabu.com/umeda/

公財)大阪市博物館協会

法人概要

運営情報

教育普及

展覧会情報

各種事業

国際交流

お問い合わせ・アクセス

各博物館基本利用情報

サイトについて

サイトマップ

ページトップ