トップ > 展覧会情報 > ルーシー・リー展の開館時間延長 大阪市立東洋陶磁美術館 2011.2.8(火)~2.13(日)

展覧会情報
当協会が管理運営する5館・1研究所が実施する展覧会等を紹介します

平成23年02月07日
ルーシー・リー展の開館時間延長 大阪市立東洋陶磁美術館 2011.2.8(火)~2.13(日)

※本展は終了いたしました。
 たくさんの方々にご来館いただきありがとうございました。

■大阪市立東洋陶磁美術館
 2月8日(火)から2月13日(日)、9:30~19:00
 (ただし、入館は18:30まで)

 

東洋陶磁美術館で開催中の「ルーシー・リー展―ウィーン・ロンドン、都市に生きた陶芸家」は4万人以上(2月6日現在)の方々にご覧いただき、大変好評をいただいております。
 そこで、ひとりでも多くの方にこのすばらしいコレクションをご覧いただけますよう、開館時間を延長します。この機会にぜひ、ぬくもりのある青やピンクの色鮮やかな技法、作品の魅力をお楽しみください。

img039

ピンク線文鉢 1980年頃

磁器
高さ9.7センチメートル、口径20.0センチメートル
個人蔵 Estate of the artist 撮影:上野則宏


詳しくは、大阪市立東洋陶磁美術館のホームページをごらんください。

公財)大阪市博物館協会

法人概要

運営情報

教育普及

展覧会情報

各種事業

国際交流

お問い合わせ・アクセス

各博物館基本利用情報

サイトについて

サイトマップ

ページトップ