トップ > 展覧会情報 > 大阪歴史博物館 特別企画展「大阪を襲った地震と津波」 平成24年7月25日(水)から8月26日(日)まで

展覧会情報
当協会が管理運営する5館・1研究所が実施する展覧会等を紹介します

平成24年06月08日
大阪歴史博物館 特別企画展「大阪を襲った地震と津波」 平成24年7月25日(水)から8月26日(日)まで

※終了いたしました

東日本大震災を契機に、政府・自治体・研究機関などで防災計画・被害想定の見直しが行われているなか、過去に起きた地震や津波による被害の実態や被災した先人達が残した教訓などへも関心が高まっており、それらを再検証する作業も活発に進められています。
歴史を振り返ってみると、大阪は地震のみならず津波の被害とも決して無縁ではありませんでした。しかも現在の大阪は高度に地下街が発達し、広範に海抜ゼロメートル地帯を抱えており、津波によって相当規模の被害を受ける可能性が高いことから、津波に対する啓発活動や防災意識の向上が大きな課題といえます。

img082

(嘉永七年大坂大地震つなみ 一枚刷 大阪歴史博物館蔵)

本展では、古文書などが残されていない縄文時代にまでさかのぼって、大阪を襲った地震・津波とその被害の実態について紹介します。

そのため今回は、当協会諸機関をはじめ広く連携・協力をはかり、地質学・考古学・歴史学など様々な学問分野による最新の研究成果を交えた総合的な展示を実施します。また、関西を中心に防災や震災復興に向けて活動している様々な機関・団体・個人の取り組みも紹介します。
(展示作品数  約50点)

【主    催】  公益財団法人大阪市博物館協会

【主    管】  大阪歴史博物館

【企画協力】  大阪市立自然史博物館、大阪城天守閣、
大阪文化財研究所

【特別協力】  朝日放送株式会社

【協   力】  公立大学法人大阪市立大学、
神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター、
津波・高潮ステーション、
特定非営利活動法人地盤・地下水環境NET、
特定非営利活動法人まち・すまいづくり

【会   期】  平成24年7月25日(水)から8月26日(日)まで
火曜日休館

【開館時間】  午前9時30分から午後5時まで
(金曜日は午後8時まで)
(ただし、入館は閉館の30分前まで)

【会   場】  大阪歴史博物館 6階 特別展示室
→アクセス方法は大阪歴史博物館のページまで

【観  覧  料】  常設展示観覧料でご覧いただけます。
大 人:540円
高大生:360円
※本展期間中は団体割引の設定はありません。
※中学生以下、大阪市内在住の満65歳以上の方(要証明証提示)、障害者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

【お問い合わせ】
 ※当協会とは異なりますのでご注意ください。
大阪歴史博物館〒540-0008 大阪市中央区大手前4丁目1番32号

電話 :06-6946-5728(代表)  ファクシミリ:06-6946-2662
http://www.mus-his.city.osaka.jp/

公財)大阪市博物館協会

法人概要

運営情報

教育普及

展覧会情報

各種事業

国際交流

お問い合わせ・アクセス

各博物館基本利用情報

サイトについて

サイトマップ

ページトップ